Google上でのホテルの存在感を高めるために

〜ホテルを予約する旅行者に大きな影響力を持つGoogleを最大限に活用するには〜

もしGoogleがなかったらどんな暮らしになるでしょうか?

インターネットが誕生して以来、「検索」なしでは人は暮らせなくなったと言っても過言ではないでしょう。誰もが、どこででも、勉強に、仕事に、遊びに、検索をしています。検索が生活に溶け込み、私たちはあまり深く考えずに毎日検索をしています。

ホスピタリティ分野でも例外ではありません。そのため、Googleのような検索サイトは、「Search(検索)」、「Shop(見て回る)」、「Buy(購入)」という旅行者行動のそれぞれの段階に合った情報提供のより良い方法を常に模索しています。もともとGoogleは検索エンジンとしてスタートしましたが、現在では検索にとどまらず、様々なサービスを提供しています。Googleの持つ影響力の大きさにホテルは注目したほうが良いでしょう。

 

Google上でのホテルの視認性

Google上でホテルのプレゼンスを高めることが重要であることに、疑いの余地はありません。旅行者の81%は、旅行先や宿泊施設を探すときにGoogleを好んで使用するという調査結果も示されています。だからこそ、Google上であなたのホテルの存在感を高めることは必要不可欠です。リッチスニペット、UXやSEOを使いこなすことで、それが可能になります。

ある状況を想像してみてください:お客様がウェブサイト上で商品を見ているとします。それがホテルを探しているとした場合、そのお客様のニーズや期待に沿ったホテルが目の前に表示され、十分な情報が提供されていたとしたら、お客様はもうそれ以上の時間をホテル探しに費やさず、すぐにそのホテルを予約する可能性が高くなるのは当たり前のことと言えるでしょう。


Googleのホテル予約システム

数年前に旅行分野に参入してきたGoogleは2015年、画期的な機能を追加することで旅行業に大きなインパクトを与えました。その背景には、モバイル端末での予約が増加傾向にあり、ホテルはモバイル予約の旅行者を取り込むのに苦慮していたということがあります。Googleは、モバイル端末からの予約を別のウェブサイトにリダイレクトする代わりに、Googleのプラットホーム上で予約の全プロセスを完結する方法を思いついたのです。

つまり、一部のホテルは、Google上で直接予約ができるようになり、結果として、旅行者は、他のウェブサイトやOTAサイトにアクセスする必要がなくなりました。ユーザーはGoogleアカウントを使って、あるいは連絡先情報を入力するだけでホテルの予約が可能になるのです。これにより、予約する行為そのものが簡素化され、旅行者の時間の節約につながりました。

とても重要なことになりますが、GoogleはOTAと競合しているとも言えます。旅行者が、ホテル予約の際に別のサイトに移動するなど第三者のウェブサイトを訪れる必要がなくなり、ホテルにはGoogle経由で予約が入るようになり、ホテルは多くの費用を節約できるようになりました。GoogleはかつてのTripAdvisorのように、近年、OTAになろうとしていると “非難” されています。表向きは、Googleはこうした考えを否定していますが、ホテルがGoogleのHotel Adsに参加し、Googleにコミッションを支払うというシステムが、OTA特有のスタイルと共通しているという点については言及を避けています。 

 

Google Trips (Google 旅行プランナー)

「カスタマイズした自分だけの旅行ガイドをポケットに」というキャッチ・コピーでプロモーションされているようにGoogleの最新モバイルアプリ「Google Trips (Google 旅行プランナー)」は、旅行者が自分のモバイル端末を使って旅行プランを簡単に使い勝手よく作成することを助けます。そして、Google Tripsで旅行予約が完了した時から、絶え間なく、現地のライブ・データや現地で役立つ情報を提供し続けます。

こういったサービスに旅行業界の他の会社が戦々恐々とする中、ホテルにとってGoogle Tripsは、マイナスの影響にはなりません。むしろホテルへの直接予約の増加を助けてくれます。Google Trips経由で予約する旅行客は、ホテル (プロバイダー) に直接連絡する必要があり、つまり、Googleがホテルへの直接予約を手助けしていると言えるのです。

このような状況下で、ホテルとして力を注がなければならないこと、それは地域のホテルリスト(一覧)上でのポジショニングを最適化し、クチコミのスコアを出来る限り高く保つことです。なぜなら、これらの指標をもとにGoogle Tripsは、情報と旅行者を有機的に結びつけているからです。多くのクチコミでプラスの評価を得ているホテルは、Google上の検索結果で旅行者に簡単に見つけてもらえるのです。

 

Googleはここ数年にわたり、ホスピタリティ業界向けの新たな方法を提案し続けています。ホテルがGoogleの機能を使うことで、ほとんどコストをかけることなく、直接予約につなげ、収入を増やせる方法が多数あります。ホテル側は、そのオペレーションを維持、最適化してお客様を迎える準備に注力すればよいのです。そうすれば、ホテルの存在を多くの人に知ってもらえ、直接予約を得ることができ、お客様にホテル滞在を楽しんでもらえるようになるのです。

この過程で重要なことがあります。クチコミ評価を高めるためにクチコミの管理を行うことです。これにより、ウェブ検索で、あなたのホテルの視認性が高まり、成約率につながります。あなたのホテルのスコアを向上させ、宿泊客のクチコミからホテルの予約につなげるために、ぜひ14日間無料トライアルのTrustYou Analytics(トラスト・ユー アナリティクス)をお試しください。

Nicholas Scott Johnson

Nicholas is an expat, transplanted from Los Angeles to Munich. Building on degrees in marketing and international tourism, he applies a unique perspective throughout his storytelling. Nicholas has an obsession for visuals and design, contributing to the face of TrustYou.

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Recommended Reads

収益の鍵となる、レピュテーションと適正価格について

Jannik Heitmüller // April 9, 2021

Withコロナへの準備は出来ていますか?

Kazuyoshi Shimojima // May 27, 2020

新型コロナウイルスに関するクチコミ、お客様の声とは?

Laura Badiu // March 19, 2020

お客様満足度の向上に向けてデモのご依頼はこちらから