独立系ホテル向けシリーズ(パート2): ウェブサイトを最適化する

eブック「有名ブランド名なしで ‘ホテルブランド’ を構築する-独立系ホテルの経営者がホテルブランドを構築するには」(英語版:Branding Without The Brand Name - An independent Hoteliers Guide To Building Brand Value)を、各章ごとにわかりやすく解説する新しいブログシリーズ「独立系ホテル向けシリーズ」が始まりました。
ブログのパート1では、競争が激化しているホテル業界で、独立系ホテルが他のホテルとの違いを生み出すには何が必要か、なぜ旅行者は他のホテルではなく、あなたのホテルを選ぶべきなのか、そしてあなたのホテルの他にない特長をオンライン上でお客様に向けどのように売り出すことができるのかについて解説しました。
パート2では、インターネット上の”ホテルの名刺“とも言える「ホテルのウェブサイト」について話を進めていきましょう。私たちは今、テクノロジーが溢れ、常にネットやソーシャルメディアとつながっている時代を生きています。インターネットの誕生による劇的な変化によって、生活そのものがより便利になりました。ビジネスの分野においても、インターネット上での存在感を高めることが不可欠であり、それはホテルにとっても視認性を高める唯一無二の方法と言えます。
よって、ホテルのウェブサイトに注力しなければならないのは当然のことです。ホテルのウェブサイトが旅行者にとってそのホテルの第一印象になります。誰もが知っているように、その第一印象はいつまでも残り、変えることは難しいことです。

ウェブサイトを最適化しない限り、旅行者の目にも留まらず、予約にもつながりません
独立系ホテルのウェブサイトをどのように旅行者の目に留まるものにするか、そして、いかにしてホテルウェブサイトからの直接予約につなげるかについて考えてみましょう。
まず着手しなくてはならないことは、SEO(検索エンジンの最適化)対策です。SEOは、Google、Bing、Yahooなどを含む検索エンジンにおいて、検索結果で上位にホテルを表示させ、ウェブサイトの閲覧者数を増やすための様々な戦略的、技術的、戦術的な手法の総称です。これがホテルのインターネット上でのホテルのプレゼンスに大きく影響を与えるため、ウェブサイト担当者はSEO対策の基本知識を身につけることが必須です。
最適化されたホテルのウェブサイトは、検索結果で上位にランクされ、それによって旅行者の目に触れる機会が増えることになります。費用のかかるリスティング広告等と異なり、SEOは、検索者の求めるコンテンツに近いものからウェブサイトを順に表示されるオーガニック検索に影響します。大手のホテルチェーンであっても、独立系ホテルであっても、SEOに関して言えば、誰もが平等に上位に表示されるチャンスがあるということになります。

最適化されたSEOによって、ウェッブサイトがGoogle検索で上位に表示されます
では、いかにしてSEOを向上させれば良いのでしょうか。あなたのホテルは、ウェブサイト内のページ間でリンクを張っていますか。あるいは、外部のウェブサイトにリンクを張っているでしょうか。リンクを張ることで、ホテルウェブサイト内のページ間で、あるいは別のウェブサイトへのアクセスを増やすことが可能となります。内部リンクでは、お問合せページ、フォトギャラリー、関連するページ等へリンクを張ることができます。一方で外部リンクとしては、例えば、地元のレストランやアトラクションなどホテルが位置する地域の施設や、地域に関係したウェブサイトにリンクを張るのが良いでしょう。
一方、SEOはユーザー生成コンテンツ(UGC)に依存しています。UGCはその名の通り、ユーザー、つまり宿泊客側が提供する情報のことです。そのため、TrustYou(トラスト・ユー)では、ホテルが継続的に宿泊客とコンタクトし、良い関係を構築することをお勧めしています。それが実行できれば、お客様からUGCとなるクチコミやフィードバックをいただき、それを活用することでウェブ上での視認性を高め、ホテルのビジネスをより良いものにしていくことができると考えます。宿泊客からのクチコミ投稿やフィードバックを集めるために、TrustYou(トラスト・ユー)のプラットフォームのクチコミ収集ツールを利用し、お客様からご提供いただいたフィードバックをホテルのウェブサイトに表示させることで、結果としてより良いSEO、つまり検索エンジンの最適化につなげることができます。
さて、次に、リッチ・スニペットの話題を移しましょう。リッチ・スニペットは、Googleの検索結果ページに表示されるあなたのホテルの要約情報で、ウェブサイトの見出しやURLの下に記載されています。このリッチ・スニペットを適切に設定し、付加価値のある、魅力的で関連性の高い情報を提供できれば、Googleでの検索でホテルのウェブサイトのクリック率が最大30%も増加することが分かっています。
リッチ・スニペットは、そのホテルの立地、料金、評価などの重要な情報をオンライン上の検索ページに表示し、旅行者に知らせることができます。リッチ・スニペットを導入することは、難しいことのように思えるかもしれませんが、あなたのホテルウェブサイトのHTMLにマイクロデータとしてリッチ・スニペットを追加するだけです。まずは、ホテルへの好意的なクチコミ情報を表示することから始めましょう。情報を適切に表示することで、ホテルを検索している旅行者を逃しません。適切に表示されるリッチ・スニペットは、あなたのホテルのランキングを向上させ、最終的には直接予約と収益を増やすサポートをしてくれます。

TrustYou Meta-Review(トラスト・ユー メタ・レビュー)がホテルの特長を要約して表示します
以前より、宿泊者アンケートは存在しましたが、最近ではMeta-Review(メタ・レビュー)という強力な新ツールが登場しています。忙しい毎日、一般消費者は自分の求めるホテルを探すために、時間をかけずにホテルの特長を理解できるホテル評価を求めています。TrustYou(トラスト・ユー)が過去に発表した調査では、旅行者には、クチコミの一覧ではなく、クチコミから重要なポイントを抜き出した短い要約文が好まれていることが明らかになりました。Meta-Review(メタ・レビュー)は、宿泊客が感じたままの、ホテルの印象や特長についての評価の要約を提供しています。旅行者が求める情報がきちんとホテルウェブサイトに掲載されれば、旅行者のアクセス数は増え、予約成約率の増加につながることになるのです。TrustYou(トラスト・ユー)のプラットフォームで提供しているようなMetaReview(メタレビュー)は、ウェブサイトの視認性や最適化に寄与するだけではありません。MetaReview(メタレビュー)は、過去の宿泊客によるあなたのホテルの評価が、多くの旅行者の意思決定に影響を与えるように働きます。
最後になりましたが、ホテルのウェブサイトをモバイル対応させることも最優先で取り組むべき重要なポイントです。ここ数年、モバイル端末は急速に広まり、私たちの生活はモバイル端末なしでは立ち行かなくなっています。過去(2016年)の調査研究によると、ホテル予約の65%はスマートフォンを利用しての予約でした。若いミレニアム世代を取り込み、ミレニアム世代の立場で考えてみましょう。あなたがモバイル端末を使いこなす人であれば、モバイル端末で最適化されていないウェブサイトを見たらどう思うでしょう。それが予約をする上での障害になってしまうことを簡単に理解できるでしょう。ホスピタリティ業界には様々なサービス会社があり、消費者には多種多様な選択肢が与えられています。最適化されていないウェブサイトであれば、消費者は別のウェブサイトへとすぐに移動してしまい、結果として、あなたのホテルは予約と収益につながるチャンスを逃してしまうことになります。
パソコンとモバイル端末の両方で、ホテルのウェブサイト上でお客様がスムーズに、シームレスに操作できるようにする必要があります。
総合的な宿泊体験は、実際のホテル施設やサービスだけで決まるのではなく、オンライン上でのプレゼンスも大きく関係しています。ホテル経営者は、継続的にSEOやリッチ・スニペット、メタ・レビュー、そして、モバイル端末の最適化プロセスに対応することによりウェブサイトを常に完璧な状態にしておく必要があります。つまり、こうした点に技術面においてより多くの時間と労力をかけるべきであり、それが結果的に予想以上の成果となって返ってくることが期待できます。

結論(今すぐ行いたいこと):

  •  オンライン上での視認性を高めるため、SEOを最大限に活用する方法を学びましょう
  •  リッチ・スニペットを活用することで、旅行者がホテル検索をスタートした直後からホテルの情報が旅行者に表示されるようにしましょう
  •  TrustYou MetaReview(トラスト・ユー メタ・レビュー)を使って、クチコミのコンテンツを要約して表示しましょう
  •  様々なタイプのモバイル端末に対応できるようウェブサイトを最適化しましょう

ブランド力がなくても、あなたのホテルの強みを最大限に活かすためのアイディアを無料のeブック(英語版)にまとめました。ぜひダウンロードしてご活用ください。

Laura Badiu

Laura is a passionate bookworm and a gifted writer. Since joining TrustYou’s marketing team, she has embraced topics in the travel and hospitality sector with enthusiasm. Using her degree in Journalism, Laura creatively weaves words into insightful stories with a focus on reputation management.

Recommended Reads

En route vers la réussite. Demandez une démo dès aujourd'hui !