白書

white-paper-featured-image

白書(最新消費者調査)は、ホテル予約後から滞在中のホテルとのコミュニケーションについて、宿泊客はどのツールを好み、何を期待しているかを明らかにしました

by June 20, 2017 1:05 pm 白書

旅行者はホテル予約をした瞬間から「宿泊客」になり、ホテルとのコミュニケーションが始まります。この調査の目的は、宿泊客とホテル間のデジタル・コミュニケーションを通して、宿泊客の経験と期待を明らかにすることです。これはカスタマー・ジャーニーにおける宿泊客のホテル宿泊前と滞在中の経験とも関係があります。以下の結果は、前回の調査(ホテル検索から予約するまでの旅行者の消費者行動)とも深く関係しています。 調査結果によると、 宿泊客の80%が、予約後にホテル側からメールで連絡が入ることを期待しています 73%の宿泊客が、オンラインの通信手段(メール、テキストメッセージ、あるいはSNS)を通してホテルと連絡を取っています テキストメッセージやSNSを通してやり取りする方が、宿泊客にとってより良いコミュニケーションになる可能性がかなり高いと言えます 宿泊客の91%が、ホテル滞在中に何か問題が起きた場合、現場のホテルスタッフに連絡したいと答えています

search-and-booking

オンライン上のホテル検索および予約をめぐる消費者行動

by February 8, 2017 10:23 am 白書

旅行者がホテルを予約をする際に、どのような要素が判断に影響を及ぼすと思いますか。旅行者のホテル検索と予約に際して、旅行者共通の行動習性があることが、最近の調査で分かりました。本調査は、旅行者の意思決定プロセスに関わる可能性のある要素と重要な関連要素を旅行予約の主要ステップごとに明らかにしていきます。 調査からわかったこと • ホテルを探す際、91%の旅行者が検索エンジンを利用、なかでも81%がGoogleの検索を利用している。> • ホテルのクチコミ•スコアは旅行者のホテル選びの際に二番目に重要な要素である。 • 88%の旅行者が3つ星以上を、32%が4つ星以上のホテルを選ぶ。

which attributes matter most

消費者調査が解き明かす「旅行者が予約時に最も重視すること」

by July 1, 2015 7:39 am 白書

TrustYou(トラスト・ユー)は、ペンシルバニア州立大学ホテル経営学科ディレクターのDonna Quadri-Felittiと共に、ホテルの予約時に最も重要視される要素を明らかにするための調査を行った。調査ではヒートマッピングの技術を使用し、8種類の旅行デーマ(ビジネス、家族旅行等)で、どのような要素がホテル予約を促すかを把握した。

review-highlights

消費者調査が解き明かす「クチコミで旅行予約を増やす方法」

by February 2, 2015 7:38 am 白書

TrustYou(トラスト・ユー)は、ニューヨーク大学プレストンロバートティッシュセンターにてホスピタリティと観光学の准教授および教育会長である、Donna Quadri-Felittiと共にホテルのクチコミがオンライン上で旅行者にとってどの様なインパクトを与えているか、またどの様にクチコミを表示すること(クチコミ全文、集約し可視化したもの、またはどちらも組み合わせたもの)が旅行者の購入に繋がるのかという研究を行ってきました。

heatmap travelers pay more for reputation

旅行者は評価の高いホテルに対し、より高い宿泊料を払うことが調査で明らかに

by September 22, 2014 3:08 pm 白書

TrustYou(トラスト・ユー)は、ニューヨーク大学准教授でプレストン・ロバート・ティッシュ・センター・フォー・ホスピタリティ&ツーリズム勤務のドンナ・クァドリ=フェリッティ女史の協力を得て、ホテルのクチコミ評価、コンバージョン率、宿泊料金の関係について調査しました。